浮気調査を依頼する探偵事務所を、比較する際のポイントを具体的に

探偵会社の知識

探偵事務所を選ぶ時に、三つの場面で注意が必要

浮気調査探偵事務所に依頼することは、決して易いものではありません。
また自分のパートナーの、調査の依頼をすることになるので、信頼できる探偵事務所を選ぶ必要があるでしょう。

現在日本には探偵の数はなんと5500以上存在するといわれ、今後も増えていくことが予想されます。
選ぶ側からすれば選択肢の幅が広がるため、いいことのように思えますが、
本当に自分に必要な探偵事務所を、選び出すことがどんどん難しくなっていくといえます。

それでは自分に合った探偵事務所を選び出すためには、どのようなポイントを比較すればよいのでしょうか。
探偵事務所を選ぶ時に、比較するポイントとしては、
ピックアップするとき、電話相談を行うとき、面談に行った時の三つの場面で注意する必要があります。

それでは、それぞれどのような項目に注意すればよいのでしょうか。

探偵事務所自分でピックアップする時の注意

近年、多くの情報を得るためには、インターネットが一番だと言えるでしょう。
インターネットなどに載っている情報をもとに、よさそうだなと思う探偵事務所ピックアップしてみましょう。
その時に比較するポイントとしては、キャッチコピー、料金体系、
そのほかに所在地や探偵業届出証明書、行政処分の有無なども確認する必要があります。

キャッチコピーとしては、調査成功率100パーセント、必ず成功させるというような、
誇大広告と思われるものが記載されている場合には注意が必要です。
探偵業務において100パーセントと言い切れることは、ほとんどありません。
十分気をつける必要があります。

次に料金体系です。
格安料金、どこよりも安いというように、記載されている場合には、
人件費にお金をかけていないために調査能力が低い可能性があります。
また基本的な料金は安いけれども、様々なオプションをつけることで、最終的には高くなってしまうこともあります。
料金体系について不安に感じた場合には、なぜ安く調査できるかなどしっかり確認しておいた方がよいでしょう。

そして所在地も重要になります。
あまりにも自宅に近い場所を利用してしまうと、探偵事務所に出入りしてるところを、
誰かに見られてしまう可能性もあります。
生活圏内から離れているけれども、自分で通いやすい場所にある探偵事務所を選ぶと良いでしょう。

探偵業を営むためには証明書が必要になります。
証明書がない場合には違法業務をしていることになるので、必ずチェックしておきたいポイントと言えます。

電話相談を行ったときの注意

次に電話相談を行ったときについてみてみましょう。
複数の探偵事務所をピックアップできたら、電話をかけて相談してみると良いでしょう。
近年では無料相談を行っている探偵事務所も多いので、気になっている点をいろいろと聞いてみると良いでしょう。
電話だけでは判断することはできませんが、料金について質問した時に、
はっきりと答えてくれない会社や、どんな質問をしても一度事務所に来て下さいと、
何が何でも事務所に来させようとする場合には注意が必要といえます。

面談の時の注意

電話をかけて、自分がよさそうだと思う探偵事務所が見つかったら、実際に面談に行ってみましょう。
この時にチェックするポイントとしてはオフィスの様子、探偵業届出番号、調査書、そして探偵との相性が挙げられます。
実際に面談を行うときには、面倒だと感じるかもしれませんが、必ず探偵事務所のオフィスに出向くようにしましょう。

場合によっては事務所の所在を明らかにしてない探偵事務所も存在します。
探偵業務には関係ないと思うかもしれませんが、何か事情があって連絡を取りたいと思った時や、
トラブルがあった時に、所在が明らかになっていない探偵事務所の場合には、何かと不都合が生じることもあるのです。

そして面談に行った際には、過去に使用した調査書類のサンプルなどを見せてもらうようにしましょう。
浮気調査の結果次第では、離婚をしたいと考えている人もいるでしょう。
そのようなときに調査結果が、裁判で使えるような証拠になるのかどうか、しっかりとチェックしておく必要があります。
せっかくお金を払って調査を依頼したのに、裁判を行ったときに証拠となる調査書類が、
役に立たなかったということになっては大変です。
事前にこのようなことを、防いでおかなければならないのです。

探偵事務所が複数見つかった場合に

最終的に、自分がよいと思う探偵事務所が複数見つかった場合には、探偵との相性を大切にしましょう。
調査の技術も大切なことですが、場合によっては調査が長期にわたることも考えられます。
調査が長期にわたれば、探偵と頻繁にやり取りを行う必要があり、
この時に相性が悪くて意思疎通がうまくいかなければ、自分が求めている調査と、
実際に探偵事務所に依頼した調査に食い違いが生まれてしまう可能性もあります。
自分の考えがしっかりと伝わり、信頼できる探偵事務所に依頼することが大切になります。

それでも、どうしても選べないという場合には、
弁護士に相談して紹介してもらうという方法も、検討してみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました